人生ってどうなるかわからないもんだ

付き合って5か月、同棲を始めて2か月半経過した。

まさか半年前の自分が、半年後、誰かと一緒に暮らしてるなんて想像もしてなかった。

 

彼と付き合う直前に、とんでもない人と出会って、感情のジェットコースターを繰り返した。好きなタイプド直球で、これは運命と思い、仲良くなれたものの振り回される毎日。

疲れ切って、優しくて落ち着いている人なら何でも良い、くらいに思って街コンに参加して出会ったのが今の彼。多分、それまでの私だったら「良い人だけど面白くないんだよね」と選ばなかったタイプ。疲れ切ってた故に、優しさと落ち着いている彼に安心感を覚えていた。

付き合った最初のころは、「好き」と強く感じていなかった。彼のこともあまり知らないし、顔も正直タイプじゃなかったから。でも、一緒にいるうちに、私をお姫様のように優しく扱ってくれて、大事にしてくれる彼にどんどん惚れていって、今や「大好き」となっている。私のほうが彼への愛は強いのではないかと思うくらい。

 

ずーっと自分の心の隙間を埋めてくれる人を探していた。でも、心の奥底で、こんな自分が誰かと暮らして結婚することができるはずがない、って思ってた。でもなんか彼と出会った頃は、こんな自分でも良いって言ってくれる人がいるはず!私だって幸せになる権利がある!って思ってた。だから、タイプじゃない彼だったけれど、幸せへの道の一つとして、一緒になることを選んだ。

そしたら本当に超幸せになった。カッコよくて可愛くて、優しくて素敵で心のあったかい人と一緒になることができた。

ああ、私、超ラッキーだなあ。超幸せだなあ。

自分の人生を諦めなくて良かった。

 

最近、焦り気味の私へ。

焦らなくても大丈夫。迎え入れる準備ができていれば、順番はちゃんとやってくる。

自分に自信をもって、はちょっと難しいから、自分の味方でいて、欲しいものはきちんと与えてもらえるということを信じて。大丈夫、大丈夫。人生は思った通りになるんだよ。

急展開

9月1日

 

長かった旅を終えた

一番行きたかった場所に行けた

一番行きたかった場所に行ったら、もうどこにも行かないと思っていたけど

もっといろんな場所に行きたくなった

 

1人だけど1人じゃない

そんな気持ちを手に入れた

このことを思い出すだけで、涙は何杯でもおかわりできて、自分の凄さを感じる

自分がやってきたことは、決して間違いじゃなかった

ちゃんと幸せの方に歩いてたんだ

これに気づいたら、私のどんな選択も間違いじゃないって自信が持てた

絶対大丈夫だ、幸せになりたい、笑っていたい、という気持ちで選んだ選択肢は、全部正しい方向に向かっていく

私は、なりたい私になるんだ、って気づいた。今の自分も、過去の自分がなりたかった私なんだね。

世界中のどこに行っても

世界中のどこに行っても自分の気持ちからは逃れられない

大好きなドラマ、福屋堂本舗で檜山のお母さんが言ってた言葉

 

本当にそうだなとつくづく感じた

彼氏ができたら幸せ、試験に受かったら幸せ、家族がいたら幸せ、お金が沢山あったら幸せ。

これをずっとずっと求めていた。

 

やらなければならないと思っていたことを捨てて、1人きりで何も持たずに旅に出たけれど、気持ちだけは置いてこれず、結局、毎日考えていることは常に頭をよぎっていた。ということは、望む条件が整わない今、幸せになるには、自分が今を幸せだと決めるしかないのだってことにようやく気付いた。身体レベルで感じることができた。

そして、自分がやらなければならないと思っていたことは、私にとって大事なことではないということも気づいた。

私が、もうすでに幸せだと言うのならば、それでも私が欲しいものこそが、私が本当に欲しているものなんだ。

そしてそれが何かってことが少しずつ見えてきた。やりたいこと、欲しいもの、幸せな自分が、既に満たされている自分がときめきを感じるものって何だろう。これを考えていると、家の中にあった大量の服や本、自分がときめきを感じていないモノが沢山あることに気づいて、捨ててしまうことにした。選ぶものがちょっと変わってきたような気もする。

 

少し怖い。手放したものは、世間的に良いと、人から頑張ってねと、そう託されてきたものだから。それを私が要らないと言い、頑張りません、と言ったとき、皆はどう反応するのかな。嫌われるのかな、馬鹿にされるのかな。きっとそういう人もいるでしょう。それでもきっと私を好きでいてくれる人もいるし、嫌われた分、好きになってくれる人もいるんだと思う。何より、私がそれで心が満たされるのならば十分だ。

自分の子供には好きに生きてもらおう、そういう子育てをしたいとうっすらと考えていたけれど、自分が好きに生きることを恐怖に感じているのなら、子供が好きに生きることを許すことはできないでしょう。

私は、私で、自由に生きていいんだ。私がオッケーだから。私がもう既に価値のある素晴らしい人間なんだから、ね。

生きるって案外悪くないじゃん。私は欲しいものを手に入れ、なりたい人間になっていく、それは今までもこれからも同じ。欲しいもの、なりたい人間像が、こんなに自由に選べるんだ。ここまで生きてこれた、この環境にこれた自分って、超絶ラッキーだねえ。

それが本当に伝えたいことだったら伝わるよ、きっと

大好きな人がいて、1年くらい片想いをして、ようやく告白して、そして振られました

悲しくて悲しくて、まるで心から血を流しているような感覚で、それでも平気な顔して生活しなければならなくて、それが本当に辛い

いつかこの気持ちが無くなるのかなあ

大好きな人と気持ちが通じ合うって来る日があるんだろうか

私の気持ちは一つも伝わっていなかった、行動では伝えられていなかった

心が張り裂けそうなのに、明日からまた毎日が始まる

私は幸せに向かって歩いているのかな

酒強くなってる気がする

最近、家でお酒を飲む頻度が増えた。

お酒強くなってる気がする。

お酒飲むと、普段やりたくない掃除とか料理とか、なぜかやりたくなるの。

お酒の力を借りて家事してる感がある。

これってアル中なのかなあ。

一人でいる時間が長いから、悶々とする時間が増えて、何もやる気が出なくて、

でも酒飲むと、行動的になって、家事とかもできちゃっておかげで自己肯定感高まるんだよね。危ない傾向かもしれん。

ワイン一本買って、すでに半分あいてるんだけど、余裕で一本飲めそう。

あんま飲みすぎても糖尿病とかになるみたいだから、やっぱ一人で飲むの、ちょっと気を付けよう。とりあえずワインを料理に使ってみようかな。

serphライブ@コニカミノルタプラネタリウム

今週の金曜日にserphのコニカミノルタプラネタリウムライブに行ってきました。

serphさん、お面被ってるから前見えないのね、スタフッの方に介添えされていました。

 

肝心のライブは、プラネタリウムを使った映像と、ボリュームある音で、現実と違う世界に連れて行った感じがありました。

特にsparkle、airflowは映像と音の両方で多幸感が溢れて、良かったな。強いて言えば、全体的にもうちょい音量アップと低音を響かせてほしかった、とは思うけれど、でも十分、異世界へ連れて行ってもらいました。

 

ちょうど、その日、悲しい出来事があって。serphの音楽がなんか、生を肯定してくれてるような愛情を感じるようなそんな音楽で、涙がぽろぽろこぼれました。しかも寝てるから、涙が横に流れてくれて邪魔にならないという素晴らしい環境(笑)

プラネタリウムの映像が日暮れから夜、朝に向かっていくようになっていて、だんだん明るくなってくる時は、「まだ終わらないで。あともう少しこの時間が続いて」って思いました。

 

serphの音楽が更に好きになったし、プラネタリウムでのライブも良いなあと思いました。年パス無いのかしら…買いたい。

 

少しずつ前に進んでいる

大事な人に、素直な気持ちを少しずつ伝えることができるようになってきた。

上手ではないけど、少しずつ。

初めて伝えたとき、「ありがとう」が返ってきて、嬉しかった。

もっと伝えたい、伝えることが沢山あるし、知りたいことが沢山あるよ。

 

今年の目標は、

大事な人に素直な気持ちを正直に伝えること、

相手の話をよく聞くこと。

 

私の心が、あの人の心に届いて、きらきらしたり、嬉しかったり、そんな気持ちになってくれたら嬉しい。言葉を、大事に伝えたいな。